--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○○を懸けた戦い

2010年06月28日 00:20

水曜日>

深夜、
眠る前にお腹が痛くなり、ゆっくりとトイレへと行った。



木曜日>

仕事中にお腹が痛くなり、冷静を装いながらトイレへと内股気味で行った
3回行き、最後には電気を消された。
暗かった。
ちゃんと拭けているかさえ分からなかった。
すごく不安だった。

帰宅後、確認してみた
しかし、どうやら取り越し苦労だったようだ。



金曜日>

久しぶりの飲み会だ
飲んだので当然トイレへ行きたくなる

しかし、ここは居酒屋
常に空室なんて状況は稀有である。

何度行こうとも閉まってやがる
俺は、赤じゃなくて青が見たいんだ。



土曜日>

結局、便器を拝むことなく午前4:30に帰宅。
そして、トイレにダイブ。

8:00起床

習慣となったスポーツ・ジムへ友人と言うか上司・・・いや、
オッサン
を拾い到着。

彼も前日の飲み会に参加し、二日酔いで頭が痛いらしい。
俺は・・・・・ずっと腹がイテェーんだよ!!

やはり、ジムに来たのなら腹筋を鍛えずにはいられないと思い、マシーンに腰かけた
すると、どうした事だろう?
力む度に実が出そうになる。

『これはいかん』

そう思い立ち、オッサンを探す。


しかし、オッサンが居ない
周囲を見渡しても何処にも姿が無い。

もうシャワーを浴びに行ったのか?と思い出口に向かうと、居た


ストレッチをする為に敷かれているシートの上で寝てやがる




『オイ( ゚Д゚)㌦ァ!!帰るぞジジィ!!』

そう言ってジジィに成り果てたオッサンを引きずり、その場を後にした。



日曜日>

余りにもの腹痛で早朝にトイレへと駆け込んだ。
そして、ようやく気が付いた

これは下痢なんだと。

それからというもの
オナラをするのは、それなりの決心と諦めの気持ちが必要になった。

なぜなら、




















己のパンツを懸けた戦いだからだ。


この戦いは、一日中繰り広げられた。


確実に今日も、長い長い戦いになるであろう。

























『パンツ聖戦』
(2010.06.27~)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okamisan32.blog9.fc2.com/tb.php/144-d7682851
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。